タミフルジェネリックでお得に治療!
×
インフルエンザで苦しむ女性

インフルエンザに感染する前にタミフルを準備して予防に取り組むことは非常に大切です。 当サイトでは、通販でも購入可能なタミフルの値段や効果、気になる副作用、実は予防投与にも使えるなどの調査データを 掲載しております。

タミフルについて

タミフルとは、ノイラミニダーゼという糖タンパク質の酵素を阻害することで、インフルエンザ菌の増殖を防ぐ効果のある、インフルエンザ治療薬です。主成分としてはオセルタミビルリン酸塩を含有しており、上記のような作用機序を持っているため、ノイラミニダーゼ阻害薬という種類に分類されております。
インフルエンザ発症時に服用する事でインフルエンザウイルスの進行を防ぐ作用がありますが、インフルエンザ感染前に予防目的で服用する事も可能なお薬です。
リレンザなどの吸引タイプのインフルエンザ治療薬もありますが、タミフルは経口服用であるため、小児や高齢者でも容易に服用する事ができるというメリットを持っております。
インフルエンザウイルス感染後、48時間以内に服用する事で発症期間を短く抑えることができます。
しかし逆に48時間以降に服用した場合は、タミフルの有効性は確立されていないので、感染後には速やかに服用する事がインフルエンザの早期治療につながる事になります。
なお、タミフルはスイスのロシュ社により製造及び販売されており、日本では同グループの中外製薬が製造輸入販売元である事が知られております。
タミフルはインフルエンザに感染後、48時間以内に服用する事でインフルエンザの感染進行を阻害する効果のあるお薬です。
そのため、インフルエンザに感染してから数日経ってから服用しても十分な効果が発揮されない事もあります。
このような状態で医療機関にタミフルを処方してもらいに行っても、医師がタミフルを処方しないというケースは、実は珍しい事ではありません。タミフルはインフルエンザに対する特効薬という認識が多くの方にされておりますが、実はそうではありません。確かにタミフルはインフルエンザウイルスの活動を抑制する効果があるため、日本中の医療機関で処方されておりますが、タミフルが効果的ではない種類のインフルエンザがいる事を理解しなくてはなりません。
まず、インフルエンザは種類によって症状や羅漢期間が異なる感染症で、現在確認されている種類は、A型、B型、C型の計3種類とされております。
その中でタミフルが効果を発揮するのはA型とB型にのみとされており、C型に対しては全く効果がありません。さらに言うと、C型だけではなく細菌による感染症に対しても効果がなく、タミフルはインフルエンザA型とB型にのみ効果のあるお薬という事になります。
そのため、風邪を引いた時にタミフルを服用してもなんの改善効果も得られません。
しかし感染力の強いA型、B型のインフルエンザに対しては高い効果を示すため、やはりインフルエンザに感染した時にはタミフルを第一治療薬と捕えてよいでしょう。

タミフルのジェネリックについて

インフルエンザ治療薬であるタミフルのジェネリック医薬品があります。その名前が「オセフル」です。このオセフルは、タミフルと主成分が同じです。そしてジェネリック医薬品であることから、先発医薬品であるタミフルより購入価格を抑えることが出来ます。
主成分が同じなのでタミフルと同様の効果を発揮することが出来ます。また、タミフルと同様に、インフルエンザウイルスのA型とB型に効果を発揮しますがC型に対しては効果を発揮しないのでその点には注意が必要となります。
簡単に使用方法を説明すると、1日2回で1回1錠を服用し、服用期間は3~5日となります。また、オセフルはタミフルと同様にインフルエンザの予防を目的として使用することが出来ます。その目的で服用するならば1日1回で1回1錠の服用を1週間程度続けます。
副作用は、蕁麻疹や疲労感、低体温などがあります。もしも副作用が現れた場合は、必ず医師の診察を受けるように心がけましょう。
また、オセフルは通販を使うことで個人で購入することが出来ます。その場合は海外から個人輸入をする形で購入することになります。現在は個人輸入代行業者を介して気軽に購入することが出来ます。また、購入の際に気になる点についてなども気軽に日本語でやり取りが出来るというのも嬉しいポイントです。オセフル以外にも様々な医薬品が取り扱われており、処方箋無しで購入できるということから人気が出て来ています。
このような通販での個人輸入は個人で決められた量を使用する分には問題はありませんが、販売目的に大量に購入することは違法となります。
医師の処方箋なしに購入出来ると紹介しましたが、服用する場合はもちろん自己責任となります。インフルエンザの治療に有効というくらいの知識しか無いのであれば、しっかり副作用や服用上の注意などを調べておかないとトラブルを起こす可能性があります。
オセフルを個人輸入という形で通販する場合には、これらの事は理解した上で利用をすることが大切です。

タミフルの予防投与について

タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬です。ですが、インフルエンザにかかっていなくてもインフルエンザウイルスの侵入に対して効果を発揮することが出来ます。タミフルは「ノイラミダーゼ」の働きを阻害するという効果があります。これはインフルエンザウイルスが増殖するために必要になる物質です。タミフルを服用しているとこのノイラミダーゼの働きが弱くなるため、インフルエンザウイルスが体外から侵入してきたとしてもその増殖を抑えます。
実際にタミフルをインフルエンザの予防目的に使用する場合は、1日1回の服用になります。治療目的の場合には1日2回の服用なりますので、目的に応じて服用回数が違うことをしっかり覚えておきましょう。1日のみの服用では効果が薄いので、7日から最大10日の間継続的に服用することになります。
これらの様に治療薬としてだけではなく予防薬としても効果を発揮するタミフルは非常に便利ですが、いくつかの注意点があります。まず、連続服用は10日以内を必ず守ることです。
予防目的とはいえ、数ヶ月に渡り服用し続けることは出来ません。
次に、タミフルは服用する人により副作用が出ることがあります。アレルギー反応なども副作用の1つです。ですから、過去に1度でもそのような症状が出た経験があるならば、予防にタミフルを使用出来ません。また、65歳以上の人や呼吸器官系の疾患を持つ人や、糖尿病などの代謝異常に関する疾患を持つ人、腎臓機能に障害を持っていたりする人はタミフルを使用することはできません。

タミフル通販でインフルエンザ予防と治療

毎年冬になると流行するのが、インフルエンザです。一般的な風邪と症状が似ているので間違えやすいですが、高熱や頭痛、関節痛などの症状が急激に現われます。
普段から健康な人なら、3日から4日ほどで症状が治まり快方に向かいますが、体力のないお年寄りや幼児、持病のある方などの場合は重症化し、最悪の場合死に至ることも少なくありません。
インフルエンザが流行をする前に、うがいや手洗いをする、外出時は人混みを避けマスクする、予防接種を受けるなど、インフルエンザ予防の対策をしておきましょう。
通販でタミフルを購入することも、インフルエンザ予防の一つです。
タミフルは、症状を抑える治療薬でありながら、インフルエンザ予防にも効果があります。
重症化しやすいお年寄りや持病のある方は、通販でタミフルを購入し、インフルエンザ予防をしておきましょう。また通販でタミフルを購入しておけば、万が一インフルエンザに感染し発症しても、すぐに治療し症状を抑えることが可能です。タミフルは、発症から48時間以内に服用すると高い効果があり、高熱や頭痛などインフルエンザ特有の症状を抑えることができます。
インフルエンザ予防のためだけではなく、治療のためにも通販で購入しておきましょう。
ただし、通販でタミフルを購入する場合は、信頼のできるショップを選ばなければいけません。
悪徳なショップだと、有効な成分が含まれていない偽物や危険性が高い薬を販売していることもあります。
危険性を排除し安全性の高い薬を購入するためにも、成分検査や正規品であることを保証するショップを選ぶようにしましょう。
また、通販でタミフルを購入する場合は、医師の処方箋はいりません。
自分の判断で購入しインフルエンザ予防のために服用可能ですが、医師に相談せずに服用すると、重篤な副作用を発症することもあります。
通販でタミフルを購入し服用する前に、必ず医師に相談をして、服用しても良いか確認してください。


タミフルの口コミ体験談

タミフルを使用した事がない方は、こちらの口コミ体験談を参考にしてください。 病院に通院された方や、通販でタミフルを購入した方などの口コミをご覧いただけます。

タミフルの飲み合わせには気を付けて

タミフルが病院で処方されるようになってから精神的に錯乱したとか自殺したとかそういう話を多く聞きますよね。
実際どれぐらいが本当にタミフルの影響なのかわからないですが、副作用を大きくするような薬の飲み合わせには注意した方がいいと思います。
前にインフルエンザにかかった時に同時に歯医者にも行っていたのですが、先生に今飲んでいる薬を聞かれてロキソニンを飲んでいると言ったら、タミフルを飲んでいる間はそちらは飲まないよう言われました。
タミフルとロキソニンなどの鎮痛剤は一緒に飲んではいけないらしいです。
今はロキソニンは市販でも買えるので、タミフル飲んでいる方には注意してほしいです・・・。

通販でタミフルを購入しました

去年のインフルエンザの時に熱がすごくて、とてもじゃないけど自力で病院に行くことが出来ない状態でした。
なんとか姉に来てもらって連れて行ってもらいましたがその後姉にも移してしまい、すごく申し訳なかったです。
今年はもし同じことが起きても迷惑をかけないよう、あらかじめ通信販売でタミフルを買いました。
薬の通信販売なんてちょっと不安でしたが、普通に去年病院で貰ったものとまったく同じものがちゃんと届きました。
数日前から実は熱がかなり高く節々も痛むので「これはインフルだ!」とさっそくタミフルを飲みました。
まだちょっと熱は下がりきっていないのですが、体はラクになったので念のため病院には行っておこうと思います。
やっぱり市販薬などと同じで、手元にこういう風に薬があるといざという時に家族も使えるのでなんだか安心感があります。
来年の分も通信販売で購入予定です!

インフルエンザ検査後にオセフルを処方されました

39度近い熱が出て病院に行って検査したらまんまとインフルエンザにかかってました。私が診察を受けていると先生から「タミフルのジェネリックがあるよ!」と言われました。
その薬はオセフルという薬なのですが、タミフルと主成分や効果が同じかつ値段が安いようで、その点が非常に嬉しかったです。今まで飲んでいた薬を変えるというのは少し不安でしたが、今のところ異常というか薬を飲んだ反動というようなものも出ていないと思います。
飲んで2、3日経ったぐらいから熱がぐんぐん下がり始めて今は多少の咳が残っているぐらいでかなり楽になってきました。もう少し飲み続けたらで完治すると思います。
まさかタミフルのジェネリックがあるとは思わなかったので、安く治療が出来て嬉しかったです。次もしインフルエンザにかかってしまったら、オセフルをまた使用したいと思っています。

通販のほうがタミフルの値段が安い

前にインフルで病院行ったら散々待たされて腹立った経緯があるのでタミフルを家に備蓄したいと思いましたが薬局で聞いたところ処方箋がないなら無理だと言われました。
いつも行ってる内科の先生に相談したところ全額自腹で良ければ予防として処方箋を出してくれるとのこと。
その時の診察とタミフル代で8000円近く取られました。10割負担恐るべし・・・。 ネットで調べたところ、個人輸入代行という通販サイトでタミフルが6000円ちょっとぐらいで売ってました。
通販ならわざわざ病院行って診察料払うこともないし診察待たされることもないよな、と思い個人輸入で購入。
前も個人輸入にすればよかったなぁと思ってます。思ったより楽だし2000円は確実に得します。
わざわざ病院行って先生に話して処方箋出してもらって、とか面倒なことしなくてタミフルを家に置き薬としておけるので、もし使ってなくなったらまた同じサイトから買う予定です。